Top > 食に携わる女性の職業 > パティシエになるには

パティシエになるには

ケーキは女性の大好物ですね。
パティシエは、そんなケーキや洋菓子を作る職人さんのことを指します。
パティシエはもともと男性社会でしたが、近ごろは女性の進出がめざましく女性が半数を占めるようになったともいわれています。

パティシエは、最近のスイーツブームで洋菓子専門店や一流ホテルなどで高い求人があります。

以前はパティシエになるには、洋菓子店に弟子入りして一からお菓子作りについて学ぶ方法しかありませんでした。
しかし最近の一般的な方法では、製菓の専門学校や調理師専門学校の製菓部門などで勉強してそれから洋菓子店で修行を重ねるという手順が多いようです。

ほとんどのお店では、生地作りから仕上げまでパティシエの作業工程はいくつかに分類されていて、担当がそれぞれ決まっています。

●生地の担当
大切な生地、ケーキの土台となる部分を作る大切なパート。
正確な技術と一定のキャリアが必要です。

●オーブンの担当
オーブンで生地を焼くパート。
焼き加減やオーブンの温度をそれぞれの生地の性質により調節しなければいけません。

●仕上げの担当
焼きあがった生地にクリームなどを使いながら組み立てて仕上げます。
デコレーションセンスが必要です。

●グラシエの担当
アイスクリームやシャーベット作りのパートです。

お菓子を作るというのは、まさに職人の技です。
学校で学んだからすぐに活かせるというものではなく、大切なのは実際の現場での勉強になります。
実際の現場では、受身の「教えてもらう」という姿勢ではなく、「技を盗む」というような姿勢でしっかり取り組みましょう。

 

フードコーディネーターになるためには  

食に携わる女性の職業

食に関する職業は、かつては男性優位でしたが、今では女性の業界進出が進んでいます。
男性・女性問わず、食に関心の高い人にとって、フード関連の職業はあこがれの職業です。
食を通じて人々に幸せを提供する職業ですが、最近の「食の安全性」の問題からも、厳しい職業意識が不可欠です。
関連コンテンツ
料理好きな人なら「フードコーディネーター」  フードコーディネーターになるためには  パティシエになるには  

 

ブックマーク

メニュー
RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

運営者情報