Top > その他の女性の職業 > 保育士になるには

保育士になるには

「保母さんになりたい」と小さい頃に思っていた人は多いのではないでしょうか。
性別に関係なく最近では「保育士」と呼ばれていますね。

0歳〜小学校に入学するまでの幼児を教育するのが保育士のお仕事です。
毎日違った喜びや感動を味わいながら、身近に子供達の成長を感じることができるとてもやりがいのあるお仕事です。

まず、保育士になるためには資格をとらなくてはなりません。
一般的な資格取得方法は、厚生労働省が認定している養成学校を卒業することですが、ほかに国家試験に合格して取得することもできます。

保育士の資格を働きながら社会人の方が取得することも可能なのですよ。
さらに保育士の資格を取った後で、「保育士採用試験」に合格すれば公立の保育所で働くことができます。

現代は女性の社会進出がめざましいので、保育士は保育園以外のさまざまな場所で求められています。
共働き夫婦にとって、病院や企業などが独自に設けた社員用保育所や民間の託児所などはとても大切な場所です。
夜間保育や勤務時間に合わせた延長などのいろいろなニーズにこたえる必要がある保育所では、資格をもった保育士の存在はとても大きいのです。

小さな子供がいると困る場所、たとえばデパートやイベント会場、美容院や歯医者などでも託児施設は重宝されています。
こういった場面でも保育士の存在は重要なので、人手不足になっているという現実があります。

保育士はこのほかにも、児童福祉施設や個人宅でのベビーシッターなどいたるところで求められています。
保育士は、就職率100%だと言いきれる職業でしょう。

 

動物好きな人の職業「トリマー」   ウェブデザイナーとは

その他の女性の職業

女性の比率が高く、女性に人気の高い職業について解説します。
保育士・トリマー・図書館司書などがありますが、最近ではWEBデザイナーも人気が急上昇している職業です。
関連コンテンツ
図書館司書とは  動物好きな人の職業「トリマー」  保育士になるには  ウェブデザイナーとは  

 

ブックマーク

メニュー
RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

運営者情報