Top > 食に携わる女性の職業 > フードコーディネーターになるためには

フードコーディネーターになるためには

「フードコーディネーター」は、料理好きな女性に人気の職業です。
雑誌やテレビでも話題になっているオシャレな雰囲気の職業ですね。
しかし、フードコーディネーターは料理と常に関わっているので、料理が本当に好きな人でないとなかなかできる仕事ではありません。

上手に人とコミュニケーションをとることや向上心を常に持ち続けることも必要条件となります。

どうしたらフードコーディネーターを実際に目指せるのでしょう。
食に関する知識はフードコーディネーターに必要不可欠ですので、まずはここから習得することにしましょう。

認定試験には、日本フードコーディネーター協会が実施する試験があります。
この資格は必ずしも受ける必要はないのですが、フードコーディネーターとしての仕事の幅は持っていた方が広がります。

1998年からフードコーディネーターの資格認定制度が開始されました。
1級〜3級までありますが、3級認定試験は毎年10月に行われます。
3級は、資格や年齢の制限なしに誰でも受験することができます。

20代〜30代の女性が受験生に多いようですが、最近では、企業の食に関する社内研修としてこの試験を使う場合もあるので男性の受験者も増加傾向にあります。

では、どのように試験勉強をしたら良いのでしょう。
「改訂増補版フードコーディネート教本」という公式テキストがあります。
調理器具や食品、食材など料理に関する内容のほかにも、メニュープランニングや規格の方法、テーブルコーディネートの仕方やテーブルマナーまで、ビジネスとして「食」をどのように活かしていくのかが書かれています。

2級試験の資格は、3級に合格したら得ることができます。
フードコーディネーターのプロを目指すなら、2級程度の知識が最低でも必要です。

試験勉強をするのにテキストだけで不安な場合は、認定校へ通ったり講習会に参加したりして勉強しましょう。
フードコーディネートの知識を得られるだけでなく、同じ夢を持った仲間と接する機会があることで良い刺激となりますし、さらにそこでいろいろな情報も入ってきますね。
プロを真剣に目指しているのなら、お金は必要となりますが学校にぜひ通うことをおすすめします。

 

料理好きな人なら「フードコーディネーター」   パティシエになるには

食に携わる女性の職業

食に関する職業は、かつては男性優位でしたが、今では女性の業界進出が進んでいます。
男性・女性問わず、食に関心の高い人にとって、フード関連の職業はあこがれの職業です。
食を通じて人々に幸せを提供する職業ですが、最近の「食の安全性」の問題からも、厳しい職業意識が不可欠です。
関連コンテンツ
料理好きな人なら「フードコーディネーター」  フードコーディネーターになるためには  パティシエになるには  

 

ブックマーク

メニュー
RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

運営者情報