Top > 食に携わる女性の職業 > 料理好きな人なら「フードコーディネーター」

料理好きな人なら「フードコーディネーター」

「フードコーディネーター」は、料理好きな人の間で話題の職業になっていますね。
頻繁に雑誌やテレビなどでとりあげられているので、ご存じの人も多いはずです。
フードコーディネーターは料理と常に関わっているので、とくに料理好きな女性に人気のある職業です。

フードコーディネーターにはさまざまな仕事内容があります。
サロンや料理教室を独自に開く人、料理講師として企業に勤めている人もいます。
また、旅館やレストランなどのメニューを開発したり、CM撮影や料理番組、広告や雑誌の写真撮影など料理を演出するスタイリストとして立会ったりするお仕事もあります。

最近では、料理好きが高じてコンビニやデパ地下などのお惣菜アドバイザーとして活躍している人もいます。

また、大人用の料理以外でも離乳食や幼児食などを考案することもあります。
このほか、食に関する執筆活動や料理に関するイベントの企画など、まさにトータルプロデュースを行うのがフードコーディネーターの仕事だといえます。

当然ですが、フードコーディネーターを目指す人の条件として食に関する興味が高く料理が好きということがあげられます。

常にフードコーディネーターとして活躍する人は、仕事として「食」と関わっているほかに、3回の自分の食事や仕事後に自宅でメニューの開発や試作など仕事とプライベートとの区切りが難しくなっています。
料理が本当に好きでないと続けられる仕事ではありません。

フードコーディネーターは人と関わることが多いので、しっかりと相手に自分の考えを伝えようと努力することが大切です。
また教科書どおりの考えだけはなく、新レシピを考えるためにも向上力やデザイン力、前向きに取り組む姿勢が求められる仕事なのです。

 

フードコーディネーターになるためには

食に携わる女性の職業

食に関する職業は、かつては男性優位でしたが、今では女性の業界進出が進んでいます。
男性・女性問わず、食に関心の高い人にとって、フード関連の職業はあこがれの職業です。
食を通じて人々に幸せを提供する職業ですが、最近の「食の安全性」の問題からも、厳しい職業意識が不可欠です。
関連コンテンツ
料理好きな人なら「フードコーディネーター」  フードコーディネーターになるためには  パティシエになるには  

 

ブックマーク

メニュー
RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

運営者情報