Top > 医療関係の女性の職業 > 歯科衛生士とは

歯科衛生士とは

「歯科衛生士」は多くの女性が活躍する職業です。
歯科助手と歯科衛生士は混同されることが多いですが、歯科助手は医師のアシスタント業務だけを行い、歯科衛生士は保健指導や歯科予防処置などを行います。

歯磨き指導やフッ素などの薬物を塗布する作業、歯石を除去する作業が主な仕事内容です。
歯周病や虫歯などの治療のスペシャリストが歯医者さんだとすれば、歯周病や虫歯の予防のスペシャリストが歯科衛生士の仕事だといえますよ。

歯科衛生士は、歯医者さんに普通は最低でも2〜3人の常駐が求められるのですが、現実的にみれば人手不足な場合が多いようです。
また、歯科衛生士の活躍の場は広がっており、心身障害者施設や幼稚園、小学校などで虫歯の予防指導を行うこともあります。

それでは、どうしたら歯科衛生士になれるのでしょうか。
まずは国家試験を受験して国家資格を取得しなくてはなりません。
職場を一時的に離れたとしても資格は永久なので、容易に再就職ができるという利点がありますよ。

歯科衛生士を養成する専門学校で決まった単位を修得すると国家試験を受けることができるようになります。
つまり、試験を受けることができるのは、専門学校を卒業、または卒業見込みの人のみということになるのです。

資格を取れば、就職率は100%でしょう。
また、勤務時間が医療の仕事は不規則だと言われていますが、歯科衛生士は比較的規則正しい勤務時間内で働くことができます。
ぜひ、活躍の場が広がりつつある歯科衛生士にチャレンジしてみましょう。

 

病院で働く「看護助手」

医療関係の女性の職業

病院や医院、歯科医院での医療関係の職業も女性に人気の高い職業です。
専門性の高い医療関係の職業は、一般的な事務職などと比べると、給料が高めに設定されています。
しかし、たとえ資格の必要のない職種であっても専門的な知識が必要になりますし、社会的責任の大きな仕事です。
関連コンテンツ
歯科衛生士とは  病院で働く「看護助手」  歯科助手になるには  歯科助手のお仕事  医療事務を目指そう  

 

ブックマーク

メニュー
RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

運営者情報