Top > その他の女性の職業 > 図書館司書とは

図書館司書とは

「図書館司書」は、本好きな人に人気の職業です。
文字通り、図書館司書は図書館で仕事をする人のことですが、柔軟性があり勤務時間が決まっている職場なので特に読書好きな女性に人気のある職業です。

本棚を整理したり、図書の貸し出しをしたりということが図書館司書のお仕事だと想像する人も多いかと思いますが、実際はそれ以外にもいろいろあります。
図書館の資料の整理や保管、収集などの基本業務のほかに、他の図書館と連携して作業を進めることも大切な仕事のひとつです。

図書館司書は、利用者が求めている本や資料を的確に提供しなくてはなりません。
もし利用者の読みたい本がなかった時は、他の図書館から取り寄せて提供する必要があります。
図書館司書の業務内容は幅広く、たとえば利用者がアクセスできる検索装置の整備も大切な仕事のうちです。

図書館司書になるには資格の取得が必須ですが、たった1日の試験で取得できるほど簡単なものではありません。
大学(図書館司書の単位がある学校)で図書館司書に必要な講座を受講して資格を取得するか、所定の単位を履修することで取得する方法があります。
少し取得に時間がかかる資格ではありますが、公立図書館で働くときにこの資格は絶対に必要です。

公立図書館以外では、学校図書館、大学図書館、専門図書館などがあります。
上記のような図書館ならば資格がなくても働くことができますよ。
また、司書として図書館で働くのではなくパートやアルバイトとして働いても良いでしょう。

実態として、図書館司書はなかなか求人がないという面があります。
比較的年配の社員が図書館には多いので、世代交代が少ない傾向にあるのです。
図書館のこうした実態を良く踏まえた上で、図書館司書の資格を本当に取得する必要があるかどうかを自分でしっかり判断してくださいね。

 

動物好きな人の職業「トリマー」

その他の女性の職業

女性の比率が高く、女性に人気の高い職業について解説します。
保育士・トリマー・図書館司書などがありますが、最近ではWEBデザイナーも人気が急上昇している職業です。
関連コンテンツ
図書館司書とは  動物好きな人の職業「トリマー」  保育士になるには  ウェブデザイナーとは  

 

ブックマーク

メニュー
RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

運営者情報