Top > 医療関係の女性の職業 > 歯科助手になるには

歯科助手になるには

「歯科助手」は女性ばかりの職業と思っている人はけっこう多いのではないでしょうか。
歯医者さんのお手伝いをする人を歯科助手と呼びますね。
優しい歯科助手さんの笑顔は、歯の治療が苦手な人の気持ちをリラックスさせてくれますよね。

特別な資格などは、歯科助手になるために必要ありません。
若い人が歯科助手に多いのもこうした理由からなのです。

試験はありませんが、歯科助手としてすぐに仕事をするのは難しいものがあります。
実際の現場では、聞いたこともない専門用語が飛び交っています。
相当の努力をしないと働きながら学んでいくのは困難です。
半年もたたないうちに歯科助手をやめてしまう人が多いのはこのためでしょう。

自分である程度、就職する前に勉強をしておくことがスムーズに職場で仕事を覚えるためのコツです。
通信教育で学ぶ方法や専門学校で学ぶ方法もありますし、インターネットや本などを使って専門用語を覚えておく方法もあります。

最初はやはり自己流の勉強では辛いかもしれません。
通信教育や専門学校で学ぶとお金はかかりますが、現場での仕事が吸収しやすいでしょう。

地域によって歯科助手のお給料は違いますが、平均すると月給17〜18万円、パートだと時給1000円前後になるようです。
少し一般的な事務職より高めですよね。
時給やお給料はスキルアップすればどんどん上がってきます。
がんばってやってみてください。

 

病院で働く「看護助手」   歯科助手のお仕事

医療関係の女性の職業

病院や医院、歯科医院での医療関係の職業も女性に人気の高い職業です。
専門性の高い医療関係の職業は、一般的な事務職などと比べると、給料が高めに設定されています。
しかし、たとえ資格の必要のない職種であっても専門的な知識が必要になりますし、社会的責任の大きな仕事です。
関連コンテンツ
歯科衛生士とは  病院で働く「看護助手」  歯科助手になるには  歯科助手のお仕事  医療事務を目指そう  

 

ブックマーク

メニュー
RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

運営者情報