Top > 介護福祉関係の女性の職業 > ホームヘルパーのお仕事

ホームヘルパーのお仕事

女性で福祉関係の職に就きたいと思っている人はけっこういますよね。
その中でも「ホームヘルパー」は人気職業です。

「身体介護」「生活援助」「相談やアドバイス」など、ホームヘルパーの仕事内容は3つに分けられます。

ホームヘルパーとして家事全般のサポートをすることを生活援助といいます。
日常生活における家事全般、たとえば洗濯や買い物、炊事などの手助けをします。
家政婦さんや民間の家事代行業者との違いは、できるだけ本人の自立意欲を高めるような手助けを行っていくという部分です。

また、大切なのは利用者が快適に思ってくれることです。
お家によって、掃除のやり方には違いがありますよね。
少し散らかしておいてほしいとか、しっかり片付けておいてほしいとか色々な人がいるはずです。
しっかり利用者とコミュニケーションをとって、サポートをするときは利用者の意思を尊重していくことが大切です。

大きく分けると、身体介護は3つに分けられます。

衣服の着脱、排泄や食事の手助け、体位変換など医師の指示を必要とせずにヘルパーの判断で行う介護がメインの仕事です。

直接利用者の体に触れて行う介護には、かなりの注意が必要です。
力の入れ方を間違うと、高齢者を骨折させてしまう恐れもあります。
2級以上の講習を必ず受けてから行うようにしましょう。

介護の中には、ヘルパーの判断だけでは難しいものがあります。
ケガや病気、障害などで特別な指示が医師からある場合は、排泄の手助け、適切な食事、体位変換などの介護にとくに気をつける必要があります。

そのほか、介護には通院に関連している場合もあります。
診察に立ち会ったり、薬の受け取り、病院までの送迎を行ったりするなど、通院に関連する行為のすべてを手助けします。

 

ホームヘルパーになるには  

介護福祉関係の女性の職業

介護・福祉関連の職業は、これからの高齢化社会のニーズに対応した、今後成長が期待される職業です。
女性ならではの気配りやソフトな応対は、高齢者の心を和ませ、女性に適性のある職業といえるでしょう。
しかしながら、介護・福祉関連の職業は体力の必要な肉体労働という側面もあり、いい加減な気持ちでは勤まらない業界でもあります。
関連コンテンツ
社会福祉士になるには  介護福祉士になるには  ホームヘルパーになるには  ホームヘルパーのお仕事  

 

ブックマーク

メニュー
RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

運営者情報