Top > 介護福祉関係の女性の職業 > ホームヘルパーになるには

ホームヘルパーになるには

福祉関係の仕事は女性に人気がありますが、介護福祉と聞くと「ホームヘルパー」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

ホームヘルパーになるには、民間企業などが実施している養成研修や、行政機関から指定を受けた学校法人が実施している養成研修などの過程を修了する必要があります。
介護福祉士は国家資格が必要ですがホームヘルパーには国家資格がありませんので、やる気があれば誰でもいつでもホームヘルパーを目指すことができます。
ホームヘルパーには1級〜3級がありますが、全くの未経験者でも2級と3級は受けることができます。

ホームヘルパーとしての入門コースが3級です。
合計して講義や実技、実習を50時間程度勉強すれば取得することができます。
しかし、仕事の幅は3級を取得しているだけでは広がらないので、2級以上に挑戦することがホームヘルパーとして活躍するための近道です。

行政機関と民間機関の2つが養成研修を行っています。

福祉公社や各自治体などの団体が行っている方が行政機関の養成研修です。
教科書代以外は無料で受講できることが多いのですが、研修が終わったら行政機関に登録して働くことが義務付けられていることがほとんどです。

民間機関の養成研修には入学金や受講料が必要です。
とくに受講の条件は定めておらず、自分のペースで自分の予定にあわせて勉強することができる通信制コースなどもあります。

この2つはどちらも同じ研修が行われています。
就業する時のことや金銭面のことを考えて、自分に合った方を選んでくださいね。

 

介護福祉士になるには   ホームヘルパーのお仕事

介護福祉関係の女性の職業

介護・福祉関連の職業は、これからの高齢化社会のニーズに対応した、今後成長が期待される職業です。
女性ならではの気配りやソフトな応対は、高齢者の心を和ませ、女性に適性のある職業といえるでしょう。
しかしながら、介護・福祉関連の職業は体力の必要な肉体労働という側面もあり、いい加減な気持ちでは勤まらない業界でもあります。
関連コンテンツ
社会福祉士になるには  介護福祉士になるには  ホームヘルパーになるには  ホームヘルパーのお仕事  

 

ブックマーク

メニュー
RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

運営者情報