Top > 介護福祉関係の女性の職業 > 介護福祉士になるには

介護福祉士になるには

福祉関係の仕事は、高齢化社会が進む中で非常に大きな意味をもっています。
思いやりや細やかな心配りが福祉の仕事には必要となります。
こういった面からも福祉関係の職業は女性に向いているとされ、女性がたくさん活躍していています。

色々な職業が福祉関係にはありますが、「介護福祉士」はそのうちの1つです。
精神的、身体的に障害がある人の日常生活のサポートをするのが、介護福祉士(「ケアワーカー」とも呼ばれる)の仕事です。
知的障害児者施設や身体障害者施設、老人ホーム、リハビリテーションセンター、在宅での介護サービスなどが介護福祉士のおもな職場です。

洗濯や調理、買い物や掃除といった家事を援助する仕事、入浴や食事、着替え、排泄などの介護業務が介護福祉士のおもな仕事内容です。
また、大切なのは介護が直接必要な人だけではなく、ホームヘルパーさんやその家族などの相談役となって介護方法のアドバイスをすることです。

国家資格を取得することが、介護福祉士になるための道です。
3年以上の実務経験を行った後に国家試験を受けて合格する方法と、養成施設を卒業して試験を受けずに資格を取得する方法があります。

実務内容などの受験資格が細かく決められているので、申し込み前にしっかり確認しておいてくださいね。
一度資格をとってしまえば、再度登録する必要はありません。
いろいろな理由でしばらく職場を離れても、介護福祉士として日本国内どこでも復帰することができます。

5年以上介護福祉士として活躍すると、要介護認定に関する仕事ができる「ケアマネージャー」の資格が取得できます。
もし、介護士のプロを目指していくなら、こちらにもぜひ挑戦してみましょう。

 

社会福祉士になるには   ホームヘルパーになるには

介護福祉関係の女性の職業

介護・福祉関連の職業は、これからの高齢化社会のニーズに対応した、今後成長が期待される職業です。
女性ならではの気配りやソフトな応対は、高齢者の心を和ませ、女性に適性のある職業といえるでしょう。
しかしながら、介護・福祉関連の職業は体力の必要な肉体労働という側面もあり、いい加減な気持ちでは勤まらない業界でもあります。
関連コンテンツ
社会福祉士になるには  介護福祉士になるには  ホームヘルパーになるには  ホームヘルパーのお仕事  

 

ブックマーク

メニュー
RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

運営者情報