Top > 花やインテリアの女性の職業 > フラワーアレンジメントの先生になるには

フラワーアレンジメントの先生になるには

女性にとってお花に関わる仕事は魅力的ですよね。
その中でも、憧れの存在なのがフラワーアレンジメントの先生ではないでしょうか。
趣味でフラワーアレンジメントを習っている人は多いですが、それをプロとする先生になるにはどんな方法があるのでしょう。

フラワーデザインのスクールに通って「お免状」をもらって先生として活動する方法が一般的な方法です。
スクールによって「お免状」には違いがあり、スクール内でのみ先生やアシスタントとして仕事できるものや、自宅でひっそりと免状を掲げてフラワースクールを開催しても良いというものなど色々あります。

免状がなくても実際にはフラワーアレンジメント教室を開くことは可能です。
しかし、生徒はなかなか集まりませんよね。
生徒さんは大きなスクールの名前があれば、それだけで集まってくれます。

最低でも2〜3年の勉強期間が教室を開くまでに必要です。
もちろんその期間の月謝代はかかりますし、試験代やお免状代も必要になります。
平均してお免状代は5万円程度にもなります。
自宅で簡単に教室を開こうとした場合は別ですが、普通は最低でも資金が100万〜200万ほど必要になってきます。

お金がちょっとかかりますよね…。
フラワーデザインをスクールで学びながら国家資格をとって教室を開く方法が、最小限に出費をおさえた方法です。
生徒さんを国家資格の名を使って集めるのですが、あなたの交友関係の広さなどにも関係しますし何より努力が必要になりますね。

どれくらいお客さんが必要なのか、自分がどの程度のレベルまで勉強したいのか、それによって選ぶスクールが違ってきます。
じっくり考えてからフラワーデザインのスクールを選ぶようにしましょう。

 

フローリストとは  

花やインテリアの女性の職業

花やインテリアに関する職業は、「好きなことを仕事にできる」という点で女性に人気の高い職業です。
好きなお花に囲まれて、あるいは主婦・女性の目線から家のインテリアをコーディネートしていくのはやりがいのある仕事です。
流行をキャッチする感覚と、専門的な知識・技術が必要な職業です。
関連コンテンツ
フラワーアレンジメントの資格  お花に関する職業  お花に関する資格  インテリアコーディネーターとは  インテリアコーディネーターになるには  フローリストとは  フラワーアレンジメントの先生になるには  

 

ブックマーク

メニュー
RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

運営者情報