Top > 美容関係の女性の職業 > メイクアップアーティストとは

メイクアップアーティストとは

ネイリストや美容師は女性を綺麗にする職業ですが、その中の1つにメイクアップアーティストがあります。
雑誌やテレビなどで良くとりあげられ、最近話題になっている職業ですよね。

どのような仕事を実際のメイクアップアーティストはしているのでしょうか。
実にその仕事内容は幅広いものです。

その時の肌質や洋服に合ったメイクをする技術を活かしながら、専門的に映画やテレビ、雑誌、CMなどの撮影や映像用にメイクをする人もいます。
メイクのデモンストレーションをするための専属アーティストとして、化粧品会社のサロンに所属している人もいます。
また、最近では気になる顔の一部をカバーすることで精神的なケアにつながるので、福祉面や医療面でも注目されている仕事です。

基本的なメイクに関する技術力や知識はもちろんですが、トレンドを的確におさえるセンスも必要です。
また、ヘアスタイリングもメイクと一緒に行う場合が多いので、同時にヘアの技術も必要になってきます。

日常的なメイクとは違って撮影用のメイクは、ただ単に美しくすれば良いというわけではありません。
その時の衣装や役柄、状況などにあわせたメイクが必要になりますし、特殊メイクで醜さを追求することもあるのです。
このためには、肌質や骨格などを考えたメイクを行うセンスや想像力、幅広い知識が必要になります。

メイクを単に綺麗におこなう技術力だけではなく、トータル美容を考慮した上で豊かな知識や技術が必要となるのです。

 

エステティシャンになるためには

美容関係の女性の職業

美容院やネイルサロン、エステなどの美容業界での仕事は、メイクや美容に関心の深い女性にとって、とても気になる職業です。
趣味や好きなことを仕事にできるという点で人気の高い職業ですが、それだけに競争も厳しく、プロ意識を高く持つことが成功のために大切です。
関連コンテンツ
メイクアップアーティストとは  エステティシャンになるためには  エステティシャンのお仕事  ネイルアーティストになるには  

 

ブックマーク

メニュー
RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

運営者情報