Top > その他の女性の職業 > ウェブデザイナーとは

ウェブデザイナーとは

「ウェブデザイナー」は、密かに女性に人気がある職業ですね。
簡単にいうとウェブサイトを製作する人のことをウェブデザイナーといいます。

最近、ウェブデザイナーという言葉が頻繁に聞かれるようになりましたが、ウェブデザイナーになるために特定の資格は必要ありません。
性別・年齢を問わずに、誰でもある程度の知識とデザインセンスがあればなることができます。

また、人気がある理由の1つは起業しやすいといった点がありますね。
技術力とパソコン1つを用意するだけ…つまり、小さいリスクで始められるのが利点です。

ウェブデザイナー育成の通信講座や専門の学校で勉強する方法がウェブデザイナーを目指すには一般的ですが、独学のみでウェブデザイナーとして活躍している人もいます。
しかし、すぐに分からないことを質問できる面からいえば学校で勉強するのが近道でしょう。

ウェブデザイナーの収入はどのくらいなのでしょうか。
その人の経験や住んでいる場所によって異なりますが、14万〜17万円程度のようです。
しかし、経験次第では50万円以上も夢ではありません。

アルバイトだと時給1000円程度です。
普通のアルバイトと比べると少し高いですよね。
ウェブプロデューサーやウェブディレクターになると、収入はウェブデザイナーよりもっと高額になります。

どんどんウェブの世界は進化していきます。
毎日の努力を大切にし、常に技術を学ぶ姿勢を持って現状に満足しきらないことが求められる職業です。
何か物を追求していく、コツコツと作り上げていくことを楽しめる職人気質の人に向いているでしょう。

 

保育士になるには  

その他の女性の職業

女性の比率が高く、女性に人気の高い職業について解説します。
保育士・トリマー・図書館司書などがありますが、最近ではWEBデザイナーも人気が急上昇している職業です。
関連コンテンツ
図書館司書とは  動物好きな人の職業「トリマー」  保育士になるには  ウェブデザイナーとは  

 

ブックマーク

メニュー
RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

運営者情報