Top > 美容関係の女性の職業 > ネイルアーティストになるには

ネイルアーティストになるには

「ネイルアーティスト」は、日本で女性に人気のある職業の1つですね。
ネイリストと呼ばれるネイルアーティストは爪の形を整えたり、爪にイラストレーションやアクセサリーのデザインをしたりする仕事です。

女性のネイルへの関心が最近高まっていて、マニキュアなどのお家で簡単にできるネイル関連の製品も人気がありますよね。
自分の爪をより個性的に、より美しくとネイルサロンに通う女性も急増しています。

ネイルアーティストになるために取らなくてはならない資格はありません。
しかし、デザインを小さな爪に施していく細かい作業ですから、デザイン力や技術力が要求されます。
美容・理容師の養成施設やネイルの専門学校で勉強をしたり、ベテランアーティストの指導を個人的にうけて勉強したりします。

また、民間のネイリスト技能検定試験は実力を図る目安にちょうど良いですね。
国際的なネイルファッションの大会もあるので、実績を持つためにそういったものに参加すれば仕事の幅が将来的に広がるでしょう。

ネイルサロンのほかにネイリストの職場として、エステサロンや美容室の中にネイルサロンを持っているところもあります。
最近では、お店を持たずにお客様のお家に出張してネイルアートを行うサービスをしているネイルアーティストがいたり、百貨店の中にネイルアートコーナーが設けられていたり…と活躍の場がさまざまな形で広がっています。

洋服のようにネイルにも気を使って当然、という考え方が最近のお洒落な女性の間で定着してきました。
ネイルアーティストとしての将来性はかなり期待できるといえますね。

 

エステティシャンのお仕事  

美容関係の女性の職業

美容院やネイルサロン、エステなどの美容業界での仕事は、メイクや美容に関心の深い女性にとって、とても気になる職業です。
趣味や好きなことを仕事にできるという点で人気の高い職業ですが、それだけに競争も厳しく、プロ意識を高く持つことが成功のために大切です。
関連コンテンツ
メイクアップアーティストとは  エステティシャンになるためには  エステティシャンのお仕事  ネイルアーティストになるには  

 

ブックマーク

メニュー
RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

運営者情報