Top > 美容関係の女性の職業 > エステティシャンになるためには

エステティシャンになるためには

「エステティシャン」は数ある女性の職業の中でも、女性特有の感性を生かしたお仕事の1つですね。

エステティシャンになるには、特別な試験や国家試験などは必要ありません。
しかし、直接人の体に触れるお仕事なので、きちんとした勉強をしておくことが大切です。
美容に関する知識はもちろんのこと、心理学や精神的な面、人の体に対する生理学的な知識などさまざまな方面での知識が必要になります。

エステティック専門店に勤めてからそのサロン独自の研修を受けたり、エステのコースがある養成学校や専門学校で学んだりしてしっかりした技術と知識を身につけましょう。

エステティック専門店で研修を受けた場合は、そのエステサロンでそのまま働くことになりますが、エステティシャンの仕事先はサロン以外にもいろいろあります。
たとえばホテルやスポーツ施設、美容室や理容室などです。

日本だけではなく海外でも活躍したい人は、現場で実績を積んだ後に民間資格の「認定エステティシャン」を取得し、次に国際資格である「CIDESCOインターナショナルエステティシャン」を取得してみましょう。

協会が主催している通信教育か日本エステティック協会が認定する学校を修了して協会の正会員に入会した後に、試験を受けて合格すると「認定エステティシャン」という資格が取得できます。
80%の合格率なので、受かりやすい資格だといえるでしょう。

国際的なエステティックの団体CIDESCOが認定している「CIDESCOインターナショナルエステティシャン」は、認定エステティシャンの資格を取得した後に、3年以上実務経験を積むと試験を受けることが可能になります。

ホテルやサロンによってはCIDESCO認定資格者だけを採用している場合もあり、また、将来性や収入が資格手当てによって違ってくるので、ぜひ取得を目指してみてくださいね。

 

メイクアップアーティストとは   エステティシャンのお仕事

美容関係の女性の職業

美容院やネイルサロン、エステなどの美容業界での仕事は、メイクや美容に関心の深い女性にとって、とても気になる職業です。
趣味や好きなことを仕事にできるという点で人気の高い職業ですが、それだけに競争も厳しく、プロ意識を高く持つことが成功のために大切です。
関連コンテンツ
メイクアップアーティストとは  エステティシャンになるためには  エステティシャンのお仕事  ネイルアーティストになるには  

 

ブックマーク

メニュー
RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加

運営者情報